【動画あり】バスク地方の魚料理マルミタコの作り方|スペイン料理レシピ

0 min read
【動画あり】バスク地方の魚料理マルミタコの作り方|スペイン料理レシピ

【動画あり】バスク地方の魚料理マルミタコの作り方|スペイン料理レシピ

Take
2020-04-24
0 件のレビューがあります
平均スコア 0.0

こんにちは。元スペイン料理人、スペインの端っこ在住のTake です。

今回はバスク地方の魚料理「Marmitako de Atún(マルミタコ・デ・アトゥン)」マグロのシチューの作り方です。

「Marmitako」は、バスク語で「鍋」を意味します。

この名前はその昔、カンタブリア海の漁師たちが漁船の上で手に入る魚と食材(例:玉ねぎ、トマト、じゃがいも等)で作ったシチューの容器に由来するとされています。

当時、じゃがいもが手に入らなかった地域(ガリシアやアストゥリアス)では、栗やカブを代用して作っていたとも言われています。

基本的にはマグロ、もしくはカツオで作りますが、他の魚で代用しても良いです。

日本人では、マグロを加熱する料理より刺身の方が好まれますが、「刺身で食べるにはちょっと・・・。」というような時には、是非このマルミタコを作ってみてください。

目次

  1. Marmitako de Atún/マルミタコ・デ・アトゥン
  2. 材料
  3. 作り方
  4. バスク本

Marmitako de Atún/マルミタコ・デ・アトゥン

出典:Instagram

マルミタコは様々なレシピがありますが、今回ご紹介するレシピは、その中でも伝統的かつ美味しそうで、家庭でも作りやすいレシピを選んでいます。

美味しそうな作り方を思いついたら、アレンジしてみましょう。

 

材料

  • マグロもしくは鰹・・・750g
  • じゃがいも・・・1kg
  • 玉ねぎ・・・1個(250g)
  • 完熟トマト・・・2個(300g)
  • ピーマン・・・300g
  • にんにく・・・3片
  • 白ワイン・・・150ml
  • 魚のだし・・・1L
  • (※鰹出汁もしくはマグロ出汁でも良いです。)
  • チョリセロ(乾燥パプリカ)1個分
  • (※チョリセロは日本で手に入りにくいので、赤パプリカを直火焼きにして代用してください。)
  • パプリカパウダー 小さじ1
  • (ピメントン ドゥルセ)
  • ギンディージャ(青唐辛子の酢漬け)1~2本
  • (※鷹の爪でも代用可。)
  • ローリエ 1枚
  • オリーブオイル

<下準備>

この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

 8,705 total views,  14 views today

この記事のレビュー

0 件のレビューがあります
平均スコア 0.0

この記事を購入する

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours