スペイン版ポトフ?カルド・ガジェゴの作り方/簡単スペイン料理レシピ

0 min read
スペイン版ポトフ?カルド・ガジェゴの作り方/簡単スペイン料理レシピ

スペイン版ポトフ?カルド・ガジェゴの作り方/簡単スペイン料理レシピ

Take
2020-05-16
0 件のレビューがあります
平均スコア 0.0

こんにちは。元スペイン料理人、スペインの端っこ在住のTakeです。

今回はスペイン版ポトフとでも言いましょうか「Caldo Gallego(カルド・ガジェゴ)」の作り方です。

スペインには各地方で各々の伝統的な“ポトフ”があり、「Cocido(コシード)」(スペイン語で「煮る」の意味があります。)と呼ばれます。

マドリードのひよこ豆を使った「Cocido Madrileño(コシード・マドリレーニョ)」やレオンの「Cocido Maragato(コシード・マラガト)」も有名です。

地方によって地元の特産を具材に使うので材料は変わりますが、作り方はほぼ同じです。

カルド・ガジェゴ(直訳するとガリシアのスープ)は、スペインのガリシア地方の伝統料理で、ガリシアのバルでドリンクを頼むとカルド・ガジェゴも一緒に提供してくれるバルもたくさんあります。

寒い冬には、とても身体が温まる優しい料理です。

目次

  1. Caldo Gallego/カルド・ガジェゴ
  2. 材料
  3. 作り方
  4. 塩豚の作り方

Caldo Gallego/カルド・ガジェゴ

出典:Instagram

レシピや具材は各家庭やお店で様々です。ガリシア地方のカルド・ガジェゴの特徴は、白いんげん豆と冬から春先にかけて食べられるガリシア地方の野菜のGrelos(グレロス)を使います。

Grelos(グレロス)の代用野菜としてBerza(カラードグリーン)やNabiza(大根の葉)、キャベツも使われます。

日本では菜の花を代用しても美味しいです。

Grelos(グレロス)は英語ではラピニと呼ばれ。アブラナ科の緑の野菜で、葉、芽、茎はすべて食用です。芽はブロッコリーに似ていますが、大きな頭を形成しません。ラピニはやや苦い味で知られ、特に地中海料理に関連しています。
引用:Wikipedia

材料

分量(約6人前)

  • 白いんげん豆・・・250g
  • (※1晩水につけておきます。)
  • 菜の花・・・350g
  • (大根の葉、キャベツでも可)
  • 塩豚・・・300g
  • 牛肉・・・250g
  • (※牛肉も豚肉の部位は、肋肉やすね肉がおすすめです。)
  • 塩漬け豚バラ肉・・・100g
  • チョリソ・・・2本
  • ラード塊 適量
  • (※なくても良いです。)
  • じゃがいも・・・3個
  • 水・・・約3L

この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

 17,210 total views,  5 views today

この記事のレビュー

0 件のレビューがあります
平均スコア 0.0

この記事を購入する

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours