ブランド知識0の現役せどらーがブランド転売してスペイン旅行をタダにした話〜ブランド転売の始め方〜

0 min read
ブランド知識0の現役せどらーがブランド転売してスペイン旅行をタダにした話〜ブランド転売の始め方〜

ブランド知識0の現役せどらーがブランド転売してスペイン旅行をタダにした話〜ブランド転売の始め方〜

やすてぃん
2022-04-27
0 件のレビューがあります
平均スコア 0.0

(※お陰様で限定部数売れてしまったので値上げしました。ごめんなさい!)

ども、初めまして!普段は物品販売で生計を立てながら投資でちょこちょこ小銭を稼いでフリーで生きているやすてぃん(@yasuteen1)と申します!

そもそもブランド転売でなぜ稼ぐことができるのか知っていますか?


GUCCIやPRADAといった、日本の販売されているハイブランドって高いですよね〜

でも、それを半値で買える方法があるって・・・知ってました?

もちろん正規品ですよ?

実はハイブランド品は高いイメージがありますが、原産国に行けば輸送費であったり税金であったりのしがらみを受けないため安く販売されています。

しかし、日本でハイブランドを買うとなると原産国からの輸送費や関税といった影響でどうしても定価が高くなってしまいます。

じゃあ、その輸送であったりのしがらみを自分の足でやっちまえば解決だよね?というのが本記事の内容である海外転売になります。

単純な話でもうこれが核心の7割の部分でもあります。

ただ、残りの3割の知識なしで突撃すると痛い目に会うのでそうならないためにしっかり勉強しておくことをオススメします!

実際に私も海外転売の大まかな概要を知った時は「なにこれ簡単じゃん!」っと少し甘くみていて失敗しました。(帰国した空港で2時間くらい手こずりました)

本編ではそんな私の失敗談も綴っているので今後、読み進めていく上でお気をつけください。

正直な話、こんな記事を読んだ程度で稼げるようになるのか不安に思う方もいらっしゃるでしょう。

ご安心ください、私自身もブランドの知識はホントにないですし、ガチガチにブランドで固めて自分を誇示しているタイプの人が苦手で避けてきた人間です。

あ〜GUCCIのそのシマ柄のキャップね、はいはい見た事はある〜ホストっぽい人がよく被ってる気がする〜ってレベルでのブランドには疎い方です。

本内容はそんな『ブランド知識ほぼ皆無』だけど『物販経験アリ』の私の知識と経験が盛り込まれた作品となっております。

なので、これから物販を始めてみようかな?と思っている初心者の方や、新たな収入の柱として守備範囲広げてみようかな?と思っている方のためにはなると思います。

▶︎こんな方に読んでもらいたい

☑️ブランド転売の『真実』を知りたい
☑️ブランドに詳しくなくてどうすれば良いか分からない
☑️海外旅行に行きたい
☑️スペインに行ったことないから不安
☑️ワクワクする貴重な体験をしたい
☑️ブログや投資の副業にチャレンジしたけどダメだった
☑️だけどお金を稼ぐ力を身につけたい

この記事を読んでいる方はブランド転売について興味を持っている人が大半だと思います。

なんだか、ネットでは儲かるみたいな話をよく目にするし、渡航費も安くなってる今がチャンスだからやってみようかなと悩んでるのではないでしょうか?

そんなアナタが一番に知りたい情報とは…

『本当に儲かるのか』

ってことですよね?

コロナ禍でライバルが減った今がチャンスなのでは?ブルーオーシャンなのでは?!早くしないとレッドオーシャンになるのでは?!

そう思ってる人が多くいるかと思います。

その答えは、本編を読めば自ずと答えが出るでしょう。

(こうやって紹介しているということは損するリスクは・・・察してください)

専業の海外バイヤーならライバルが増えて値崩れして欲しくないのでレッドオーシャンと言いライバルの参入を阻止します。

逆に情報発信者なら自分の商材を購入してもらうためにブルーオーシャンと言って背中を押します。

この儲かる儲からない論争ってどのジャンルでもある話なので気にしてたらキリがありません。

ホントに手のひら返しが凄いのなんのでマウントの取り合いなんですよね。

なので、ホントとウソが入り混じった噂がネットで一人歩きしています。

ですから、本当に信用が出来るかは『自分の目で確かめてみる』ことなのです!

これは私がこの記事で一番にアナタに伝えたかったことでもあります。

そんな事を言っても自分の目で海外へ確かめに行く時間がないからこうやって調べてんだろって話ですよね。でも焦らないで下さい。

実際に渡航した時の商品の値札写真や購入金額、利益といった情報は全て開示しています!

税金がいくらかかったとか諸々の雑費でどれくらいの費用が掛かったかも盛らずにお見せすることを約束します。

世の中には本当に良い情報も溢れてますし、う〜ん満足しなかったと思う事もあるでしょう。

私のポリシーで良いと思ったものにはGoodと評価しますし、大した内容じゃないなぁ〜と思えば表には出さず心の中でBad評価しています。

だから、「めっちゃ儲かったぜwwwウェーイwwww」みたいな煽りもあまりやりたくないのが本音です

一応、私の今回の渡航での支払い履歴も載せておきますが、こんな数字なんてあてにしなくて大丈夫です。自分の資産の余裕にあった仕入れを行ってください。

これから私の現地で感じたことや情報は包み隠さず全てお伝えするつもりです。

そんな私の体験してきたリアルな情報をみて自分で精査してみてください。

これを読んでいるアナタも忖度抜きでお構いなく私を評価してください。

先にお断りしておきますが、これを読んだ方を稼がせるために書いているわけではありません。

どちらかと言えば『注意喚起』です。世の中、楽にお金を稼げるなんてことは一切ないという。

私が証明です。正直、軽いノリでチケットとって乗り込んだ身だったのでかな〜り苦労しました。

実際にブランド転売に挑戦した先駆者の方々も初めは超超超リサーチして、失敗して反省してそれを生かして再チャレンジしている猛者ばかりです。

彼らは経験を積んでノウハウがあります。初心者の方は徹底的に分析して彼らをパクってください。どんなことしてきたのか答えは書いてくれていますよ。

本編の内容について

目次
1、事前準備編
2、スペイン事前情報
〜〜〜以下、有料部分〜〜〜
3、日本出国〜バラハス空港到着まで
4、到着から1日目終了まで
・空港での両替について
・ホテルまでの行き方
・マドリードのブランド店

5、2日目〜最終日まで
・仕入れ判断について
・値下げ競争
・仕入れ判断基準
・仕入れ判断要素
・日本の定価と比較する
・仕入れ判断 Q&A (Q1,~Q8)
・アウトレット商品の価格について
・商品利益率
・アウトレット初日の失敗談
・利益商品のリサーチ方法
・3日目〜Try Again Outlet〜
・4日目〜運命的な出会い〜
・観光とグルメ
・需要と供給のバランスについて

6、スペイン出国〜日本入国まで
・バラハス空港免税手続き
・免税ができないパターン(仮説①~③)
・私の免税の話
・免税の裏技
・空港免税店での購入の注意点
・空港でハニートラップ

7、日本入国から〜帰宅まで
・コロナチェック
・関税の支払いについて
・税金の計算方法
・関税支払い手順
・通関業務の手続き
・関税率の計算方法
・関税・消費税・地方税の計算例
・荷物の引き取り
・代理通関について

8、出品・売却編
・販売テクニック(消費者行動論)
・商品ページの作り方・ダメな例
・ページ差別化のテクニック
・多くのお客様に見てもらうテクニック
・出品の際の注意点
・価格の改定(PVの数)
・値下げしても売れないというとき
・1ヶ月の一番の売れやすい時期
・3つのプラットフォームの特徴
・お互いに気持ちの良い取引を

9、余談:帰国後の話
・初期不良品の対応
・現状の売り上げについて

総評:マドリードでブランド転売ってぶっちゃけどうなの?

最後に


といった感じで、本編の内容はスペイン転売の流れがイメージがしやすいように実際に渡航した時間軸の通りにその都度、注意すべき点を随時説明しております。

なので修学旅行のしおりのような仕上がりになっているかなと思われます。

また、海外旅行が未経験で勝手がわからず不安な方もいるかと思います。

おばあちゃんでもこの旅のしおりを見ればスペインのマドリードを歩くことが出来るように画像を多めに、スペイン語がわからなくても機械の操作を実際の写真で説明したり丁寧に作り上げました。

そんな中で、ありがたいことに感想をいただきました!






▶︎スペイン転売noteの概要
本内容は【ブランド転売】×【販売ノウハウ】を知り、失敗しないように徹底的に解説、そして実践してもらえるような内容に仕上げました。

多くの人に読んでもらいたいので書籍を買うようなお手頃な値段にしたい気持ちと、情報を安売りしてしまうといろんな人の目にとまり情報の優位性が損なわれ稼ぎづらくなってしまうという点でかなり葛藤しました。

あまりにも安価で出すと「何、お前。余計な邪魔してくれたな」って他の転売ヤーに存在を消される恐れがあるのでお許し下さい。もし、消えたらやられたと思って下さい。

なので、とりあえず数量限定という型で部数が売れたら値上げの方向にしようと思っています。

どれくらい再販するかどうかは未定です。するとしても参入障壁を上げるために値段は高くすると思います。

60000文字を超えるボリュームがありますし、マドリードに特化しているので本屋に売っている街歩きブックよりお得かと思います。

とまぁ、前置きが長いと飽きちゃうので、さっそく本編の内容に入ろうと思います。


事前準備編

私が海外ブランドについて参考にしたのは

りもわさん(@Ydw6ccegbkvtEi4)という方です。

当時、アカウントを発見した時は淡々とお金にまつわるツイートをしてて私の求めていた海外転売と投資について発信をしてらっしゃったのでフラ〜っとフォローしました。

今思うと、まんまとりもわさんの戦略に釣られてフォローしてしまっていたので、なんだか悔しくて感じちゃいました///

もちろん、私がブランド転売にチャレンジしてみようと思ったきっかけもりもわさんのnoteを読んだからです。

ですが、初めてnote読んだ時は感想はこの内容が本当だったらパネぇやという気持ちと、そんなことありえるのか?という疑心が半分半分だったのは覚えております。

もともとブランド転売についてのカラクリは調べていたので知っていたのですが具体的な金額等は未知数でした。

なので、noteに書いてある内容や事例の価格であったり利益率は本当なのか毎晩、気になって気になって夜しか眠れませんでした。←

そして、noteで勉強してから色々と調べていると、どうやらスペインは今セールの最中でもうすぐに終わってしまうと分かったのでグズグズしてられん!と、この目で確かめるために即チケットを予約しました。

今思えば、もう少し事前リサーチしとく時間があれば良かったなと思います。りもわさんのnoteを読んで数日後には出発というかなりタイトなスケジュールだったのも失敗でしたね。

自分がチャレンジする時はもっと計画的に行なってくださいね?

余談ですが、りもわさんにはめっちゃお世話になりました・・・頭が上がらないです。

実は、こんな見ず知らずの若者のために現地で私がリサーチに苦戦していた時にDMでアドバイスをめっちゃくれました。

「あれ?俺、りもわさんのコンサル受けてるんだっけ?」って錯覚するくらいでした。

その優しさはまるで「聖母マリア」

軽い気持ちで行ってみりゃなんとかなるだろ精神だったせいで、ご迷惑をおかけしてしまった事をこの場を借りてお詫び申し上げます。

持ち物

▶︎パスポート・・・

命の次に大事。ないと免税が受けられません。

▶︎スーツケース・・・

オススメは100Lサイズです。パンパンに詰めても持ち込み制限の30kgを超える事まずないので、石でも持ち帰らない限りは大丈夫です。

航空会社によって30kg以内であったり23kg以内とルールが違うのでご自身でご確認下さい。

私はスーツケース2つあったのですが、大きい方の100Lのスーツケースは品物を全部詰めても20kg満たなかったです。石でも詰めない限りは重量OVERの心配はないかと。

(写真 スーツケース)

それと三辺の合計で〇〇以上はアウト、みたいなルールもありますがサイズはチェックされない印象です。

実際に私のスーツケースは三辺合計がオーバーしていたので追加料金を覚悟していたのですが何も疑いもなく重量チェックだけでした。


▶︎現金・・・

日本円とユーロのどちらもの用意しましょう。スペインでの支払いはほぼカードだったので2万円分のユーロを両替しましたが半分くらいしか紙幣は使わなかったです。

また、日本に帰国した際の関税の支払い等は現金のみになるのでその分も残しておきましょう。

日本円の大金を持ったまま旅行するのは怖いので、帰国して関税の支払い金額が確定してからATMで下ろした方が無難ですね。

▶︎クレジットカード・・・

なるべく利用限度枠が大きいカード1枚で済ませられれば管理が楽で良いです。

それが難しい方は複数枚のカードを所持していくか、事前にカード会社に連絡して一時利用可能限度額の増枠の申請をすると良いでしょう。

オススメのカードは「SPGアメックス」「LINE pay VISA カード」の2枚です。

こちらは両方ともポイントの還元率が高いため、高額商品を買い付けするブランド転売において恩恵をかなり受けることができます。

また、これから初めてアメックスを作る方は限度枠が少ない可能性があるのであまり期待しないほうがいいです。

アメックス自体は利用上限をここまでと設けておらず目安で〇十万円までといったシステムです。そして利用上限の増枠を申請することは可能ですが「デポジット」という形で事前にお金を担保として払った分しか増えませんので元本に余裕がないとキツいです。

▶︎日用品(衣類など)

ホテルによって備品のラインナップが違うのでご自身で宿泊ホテルのアメニティをチェックしましょう。私のところは一応、4つ星ホテルだったのでタオルやシャンプーなどの備品、冷蔵庫や金庫など一通りのものは備わっていたので着替えしか持って行きませんでした。


1つだけ盲点だったのが「歯ブラシ」だけがありませんでしたね。4つ星のホテルでないのなら他のホテルもないのかなと思います。後にホテルの詳細を確認したらやはり歯ブラシの記載はなかったです。

他にはケトルや電子レンジもないのでカップ麺や冷凍食品も食べれませんでした。

いかに日本のホテルのサービスが充実しているか実感しましたね笑

4つ星ですが部屋は思ったより広くはないかなといった感想です

コロナの影響もあってお値段が1泊で5000円だったので、アパホテルと同じくらいやんと考えると充分ですね。


▶︎小さめのポーチ or 大きめのリュック・・・

私はスマートに行きたい性格なので小さめのポーチを前に斜め掛けにしてその中にパスポートや充電器などの小物を入れて軽装備で挑みました。

他のバイヤーの中にはリュックを背負いリュックにも荷物をギャンギャンに詰めてさらに両手に紙袋のようなスタイルの方もいらっしゃいますので、そこは自分がどれくらいの量を買うのかで判断してください。

私はスペインに荷物持ちのオトモを一人連れて行ったでの、大きい紙袋4つを2袋ずつ持ってホテルまで輸送で十分でした。目安として買った品物の点数は小物が40品ほどで大きい紙袋3つでした(残りもう1袋はカバンが入っていたのでカウントしていません)

▶︎充電器、変圧器、モバイルバッテリー・・・

充電器は言わずもがな必須です。スペインと日本ではコンセントの穴の形が違うので注意してください。変圧器はCタイプという丸い穴が2つのタイプが必要になりますので用意しましょう。100均に売ってるらしいですが私は見たことありません。家電量販店に行けば必ずあります。それと現地でリサーチするので電池はかなり消費しますのでモバイルバッテリーこれも必須ですね。wifiは探せば何とかなりますが見知らぬ地で携帯の電源がなくなるのは死活問題です。

▶︎モバイルwifi or 海外SIMカード・・・

wifiでも海外SIMでもどちらでもいいのでネットに繋がる環境は用意しましょう。

渡航中のみSIMフリーの端末にカードをぶっ刺して使うのが楽なのでしょうが、もしイレギュラーなことが起きてネットに繋がらなかったら怖かったので私はWiFiをレンタルしました。

本来ならWiFiを空港で受け取り空港で返却することができるのですが、コロナ渦の今は時短営業をしています。大体のお店は18:00〜19:00の間にはクローズしてしまうのでレンタルする人は時間帯は要チェックです。自宅配送、発送返却も対応しています。

▶︎ポケットトーク・・・

英語やスペイン語が分からなくて不安な方はレンタルも出来ますし、購入することもできるので持っていると安心できます。スペインの場所によってはスペイン語しか話せない地域もあると書いてあったので保険のためにレンタルしましたが、ほぼ使う機会はありませんでした。


▶︎スペイン健康調査・・・

こちらはのちほど詳しく説明しますので軽く説明しますと、スペインに入国するために必要な事前の健康調査になります。証明書類など用意しなければならないといった手間などは一切なくて、アンケートに答えてQRコードを発行してもらうだけです。


▶︎やる気・・・

死ぬ事以外はかすり傷です。初日はハイブランドの店に入るのに緊張したり、店員に話しかけるのに躊躇するかもしれませんが、海外に乗り込む勇気があるアナタなら大丈夫です!

お目当ての商品が店頭に並んでいなくても、写真を見せながらコレある?っと尋ねると結構裏から出てくるのでコミュニケーション頑張ってください!

スペイン事前情報


▶︎治安・・・

事前に調べたところ、スペインはスリが多くてプロの集団がいるから気をつけろという内容を見かけました。一人が話しかけてきて、その隙にもう一人が犯行を行うといった巧みな手口らしいです。

この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

 2,180 total views,  2 views today

この記事のレビュー

0 件のレビューがあります
平均スコア 0.0

この記事を購入する

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours