1 min read

エアポート2018

ロサンゼルス発ニューヨーク行きUS57便。家族の元へ帰る者、旅行者などで機内は賑わっていた。しかし、管制塔でも予測されていなかった巨大な雷雲が、突如機体の眼前に現れ、そのまま機体は乱気流へと飲み込まれる。手動操縦に切り替えなんとか難を逃れ、一同が安堵する中、乗客の一人が急に発狂して暴れ出す。連邦航空保安局のタデウスが取り押さえるが、その乗客は、なんと飛行機の翼の上に人が立っていたと言う。皆にわかには信じられなかったが、その後も機内で不可解な出来事が次々と起こり始め…。

 100 total views