僕が月5分労働で年間21万マイルを貯めた驚きの方法を公開します。

0 min read
僕が月5分労働で年間21万マイルを貯めた驚きの方法を公開します。

僕が月5分労働で年間21万マイルを貯めた驚きの方法を公開します。

1 件のレビューがあります
平均スコア 4.0

「マイル」と言う言葉は多くの人がご存知ですが、それを使いこなしている人はほんの一握りだけです。

皆さん、マイルを最大限活用していますか?

マイルを使いこなすと、日本中、いや世界中の航空券が無料になります。

それどころか、親に飛行機代をプレゼントなんてことが可能です。

実際私はこの方法を使い2019年にバリ島、台湾、鹿児島へ両親に航空券をプレゼントしました。

最初に、これだけは言っておきます。

「マイレージとは究極のポイントプログラム」です。

有名ポイントサイトと言えば、

・ナナコ(セブンイレブン)・Tポイント(ツタヤ、ファミマなど)・ワオン(イオンなど)・ポンタ(ローソンなど)

地元のスーパーやカフェなど今では

色々なお店がポイントを採用しておりますが、

「マイレージが、究極のポイントプログラム」なのです。

もう一度言っておきます。

「マイレージとは究極のポイントプログラム

なのです。

マイレージを貯める方法は大きく分けて、3通りあります。

1、飛行機に乗って貯める
2、ポイントでマイルを貯める
3、買い物などをカードで支払いマイルを貯める


では、1から見ていきましょう。

1、飛行機に乗ってためる方法

ANAマイルを貯めるためには、「AMC」と呼ばれるマイレージ会員になる必要があります。カウンターやネットで申し込みができます(無料)

JALマイルを貯めるためには、JALマイレージバンクに登録する必要があります(無料)

飛行距離が長ければ長いほどたくさんのマイルが貯まります。

飛行機にたくさん乗って移動するお仕事の方は良いでそうが、普通の方はこれでマイレージを貯めるのは至難の技で効率も良くはありません。

また、HISやJTB等のツアー航空券やネットで取った格安航空券では、通常の半分以下のマイルしか付与されない場合が多く、効率が悪いです。

2、ポイントでマイルを貯める方法

いろいろな人のサイトで見ていくと、

ポイントサイト→中継サイト→メトロポイント→ANAマイルというルートで交換していくとのことですが、さっぱりわかりません。

僕の頭は完全に?????です。

調べれば調べるほど、

ハピタス、チョビリッチ、ソラチカード、TポイントカードPONY、ポイントタウンモッピー、Gポイント、Pex、ドットマネー

という言葉などなどがでてきます。

余計?????が募り、基本ここで挫折します。

この言葉やよくわからないレートが出てきても、「うっし、やるぞ!!!」となるのは、変態なドMの方だけでしょう。

僕は、この時点で眠くなり、PCを閉じ、即寝ました。

なのでこの方法はここでは飛ばします。

この方法きっとマイルは溜まるのでしょうが、なにせ面倒いですし他の方が腐るほどブログを書いているので、他の方のブログを読んでください。

3、買い物などをカードで支払いマイルを貯める方法

飛行機に乗らずにマイルを貯める人のことを「陸マイラー」と呼びます。(2のパターンも陸マイラーです)

陸マイラーのお買い物のほとんどをクレジットカード決済にし、電気代やガス代などの公共料金支払いもクレジットカードで支払うことでコツコツとマイルを貯めています。

ANAマイルを貯めたいと思っているならANAクレジットカードを、JALマイルを貯めたいと思っているならJALクレジットカードを、ぜひ生活に取り入れてみてください、

これは、2と違って理解は簡単ですね。

買い物してカードで支払えばそのポイントがマイルに交換できるというもの。

ANA(スターアライアンス)では、どの位のマイル数で航空券に変えられるのかということを、下記にまとめてみました。

国内線に必要なマイル数片道の場合:5,000マイル~11,500マイル

往復の場合:10,000マイル~23,000マイル

https://www.ana.co.jp/ja/jp/amc/reference/tukau/award/dom/terms.html

国際線に必要なマイル数

エコノミークラスに必要なマイル往復:12,000マイル〜

ビジネスクラス必要なマイル往復:25,000〜

ファーストクラスに必要なマイル往復:105,000〜

シーズンや時期、シートなどによって必要マイル数は違ってきます。

https://www.ana.co.jp/ja/jp/amc/reference/tukau/award/int/usage.html

マイルを貯めれば特典航空券で無料で旅行に行ける以外にも、座席のアップグレードも可能です。

エコノミークラス→ビジネス

ビジネス→ファーストクラス

にマイルを使ってアップグレードすることができます。(※エコノミークラスからファーストクラスへ飛び越すのは不可能)

マイルは航空券だけではなく、私達の生活に密着するこんなものにも適応できます。

https://www.ana.co.jp/ja/jp/amc/reference/tukau/point/

マイルっていろいろなものに交換できますね。いろんなポイントキャンペーン等ありますが、交換幅で見るなら、貯めるならやはりマイルが一番です。

でも、ここで気がついた方もいると思います。

あれ?マイル還元率1%(100円の買物で1マイル)カードで20万マイル貯めるには、2,000万円決済しなきゃいけない。

年収で言ったら4,000万円以上稼いでる人じゃないと、年間2,000万円ものカード決済は不可能です。

そこで僕は、年間カード2000万も決済絶対できないけども、年間20万マイルどうしても欲しいと思ってしまいました。

何かないかな、何かないかな、

でも上の2のパターンの難しい方法やメンドくさい方法はしたくない。

しかも、労働時間は基本月に10分以下にしたいというダメ人間ぷりを発揮し、やっと思い考えついたのが下記の方法です。

実際に実質1円も使わずにマイルが手に入った時には、

天才かよ、オレ!とつい言葉を発してしまいました。

労働時間も目標にしていた月10分でもなく、まさかの月5分。w

・実質0円
・労働時間月5分


これに味をしめた僕は人には教えずに約1年半前から1人でやっており、年間21万マイルを貯めることができました。

月に5分しか使ってないのですから、半信半疑になるのも無理ありません。

実際この革命的な手法を約1年半実践してから、私自身はマイルがたくさん余っている状態になってしまい、十分に有効なことがわかり、どこかで公開できないか、と場所を探していたところでした。そこで、ちょうどブレインという新しいプラットフォームが出たので、興味本位でと遊び心で販売してみることにしました。

以下は購入前の注意事項です。

- 正直いつまでこのノウハウが適用できるのか正直不明です(ごめんなさい、保証できかねます)が、私は約1年半ずっと使えています。やりたい方はお早めに。

-   ご自身のクレジットカードを使います、クレカを作れないブラックの方はこちら購入しないでください。

-   マイレージに還元できるクレカをお持ちでない方はクレカを作ってください(VISA、マスターカードのみ有効、アメックスなどは不可)

あまり人数を多く広め過ぎてしまうと使えなくなってしまう場合もありますので、今は安いですが人数を見て値上げをしていきます。(ご検討中の方はお早めに)

以降はさらに絞っていきたいと思いますので、さらに値上げを予定します。

それでは、見ていきましょう。

この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

 2,240 total views,  2 views today

この記事のレビュー

1 件のレビューがあります
平均スコア 4.0
joker

現在も使えますか?

三井住友系のクレジットカードが使えなくなったという記事もありましたが筆者のかたは現在もつかえますか?

この記事を購入する

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours