育毛剤などのスキンケア用品は大きく分けて3種類に分類できる

育毛剤などのスキンケア用品は大きく分けて3種類に分類できます。
その3種類とは、医薬品・医薬部外品・化粧品の3つです。
いずれの種類も髪の毛や頭皮をケアする商品として販売されていますが、種類ごとに違いが存在します。

まず医薬品は、ミノキシジルなどに代表される医薬成分が配合された商品です。
発毛効果を持つ成分が含まれている場合が多く、発毛剤と呼ばれることもあります。
3種類の中で最も成果が期待できる商品ではありますが、反面副作用のリスクも高めです。

次に医薬部外品は、多くの育毛剤が分類されるカテゴリです。
医薬成分は配合されていないものの、抜け毛を抑えるなどの効果が期待できる有効成分が含まれています。
副作用のリスクは医薬品より少なく、髪の毛を生やすというよりも抜け毛を減らすことでトータルの本数を多くするアプローチを取る商品です。

最後に化粧品ですが、髪の毛や頭皮を健やかに保つための商品と言えます。
髪の毛を育てるという面よりも、ハリやツヤを出して美しく見せるという面が強い商品です。
そのため、抜け毛が多くなっている方にとっては効果が不十分なケースもあるでしょう。

 29 total views,  3 views today

コメントを残す